「淡路駅前整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

厚生労働省の調べによると病気やケガなどの自覚症状のうち、最も多い症状男性の1位は腰の痛み、2位は肩の痛み、女性の1位肩の痛み、2位腰の痛みといわれています。当院でも腰の痛みで悩まれている利用者さんはたくさんおられますが、姿勢が悪い状態での座りっぱなしなどの持続的な負担により、筋肉を守るために無条件に筋肉が縮んでしまいます。

縮んでしまった状態では常に力が入っている状態なので、筋肉の中を通っている血管が圧迫されて血液の流れが悪くなり「ブラジキニン」という痛みをかんじさせる物質が流れて痛みを感じているのです。ですから、お薬や湿布だけではなく根本的に歪んだ背骨を整体して伸び縮みしやすいバランスの良い筋肉のバランスに変えてあげていくと症状も楽になりやすいのです

また、身体の痛みを出さないようにするには体幹の筋肉を鍛えて強化することも大切です。ここ最近ではスポーツ選手以外でも、外側の筋肉(アウターマッスル)よりも内側の筋肉(インナーマッスル)が大切と言われています。インナーマッスルを鍛えると代謝が上がり、血液の流れも良くなり、姿勢が良くなる(スタイルも良くなる)というメリットが生まれます。皆さんも、今年は是非インナーマッスルを少しずつ鍛えてみてくださいね。

東淀川区で整体なら「淡路駅前整骨院」 PAGETOP