「淡路駅前整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

今日は冷え性のお話しです。昔と違って、近年では猛暑、酷暑という夏の暑さが連日続いているところもあり、クーラーを点けない日はないほどですね。熱中症が怖いので、室内でもゆるくクーラーを点けていただいた方が身体にとっては良さそうです。ただ、オフィスの中などで20℃前後の温度で長時間クーラーに当たってしまうと体調を崩してしまいます。その結果、手足が冷えてしまいます。冷え性といっても手足が冷たいだけではなく、「低体温症」という平熱が35℃台になってしまう症状もあります。そうなると免疫力が減ってしまうので癌細胞が増えやすいということも報告されています。

対処法としては「身体を温めるものを積極的に取り、身体を冷やしてしまうものは極力口に入れない」ということです。アイスクリームや、かき氷などは当たり前ですが、冷蔵庫から取り出した直後の麦茶やジュースも摂りすぎると身体を冷やしてしまいます。

当院では深部側の筋肉をしっかりと施術しているので「施術後は身体が温かいよ」と言われる事が多いです。また、当院では電気トルマリンといって、微弱電流と遠赤外線の電気の効果で深部側からしっかりと血液の流れを変えて身体の回復力を上げていきます。冷え性でお悩みの方はお気軽に当院へお越しくださいね!

東淀川区で整体なら「淡路駅前整骨院」 PAGETOP