「淡路駅前整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

今日は嗜好品のお話しです。10月からタバコも値上がりして「この際、タバコもやめようかな」という利用者さんもちらほらおられますね。たしかに、気分転換に1日10本以下ぐらいでしたらそこまで害も多くないと思います。海外の研究で、タバコを喫煙する人はパーキンソン病になる確率が喫煙しない人に比べて半分以下という結果も出ています。そして、認知症にもなりにくいというのも報告されています。かと言って喫煙を推奨しているのではありません。(笑)肺や、喉、舌にも悪い影響がありますので、身体へのデメリットを考えたら、この値上がりを機にタバコを止めるのをおすすめします。

アルコールはお食事を取る時に少量でしたら、リラックス効果があり、食欲を増進させて身体にもメリットがありますね。しかし、ご存知のとうり、アルコールも摂取量が増えすぎてしまうと肝臓や膵臓を悪くしてしまい、アルコール濃度の高い物でしたら、食道もやられてしまいます。先日のテレビで1週間に2日以上休肝日を設けている人は肝臓の数値も基準値より上がりにくく、身体にも優しいと言ってました。細く長くお酒を楽しむ為にも、適量を守っていくことが大事かもしれませんね( *´艸`)

東淀川区で整体なら「淡路駅前整骨院」 PAGETOP