「淡路駅前整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

皆さん10月ももう終わりますね。10月も連休はありましたが11月も始まってすぐに連休がありますよね。何処かに遠出されたり、ゆっくりお家で休まれる方もおられると思います。今回は外出されたり、体を動かしておられる方は置いておいて、ゆっくりお家で休まれている方についてのお話です。

お家でゆっくり過ごされる方の中で、寝過ぎて連休明けの朝、お仕事や学校へ行く時に体がだるいと感じる方はおられませんか?それは寝過ぎによって起こる筋力の低下が原因です。寝過ぎることで、筋肉の伸縮リズムが崩れたり、筋力が低下してしまいます。普通に日常生活を過ごしていても、筋力は20代の後半から1年で約1%減ると言われています。そして筋肉は動かすことを前提で構成されているので、動かさずに1日中寝て過ごしていると、さらに筋力が約0.5%減ると言われています。ですから、病院では入院されている方を早期退院させるのが主流になっています。そうしないと年配の方の場合、日常生活を過すための最低限の筋力さえも落ちてしまい、退院後も寝たきりになってしまう恐れがあるからです。そして、低下した筋力は直ぐに元の状態には戻らず、筋肉が硬くなって動きが悪くなります。

上記のことから、寝過ぎることは身体にとって良くないことだということが分かっていただけたことだと思います。ですので、なるべく寝過ぎないように皆さん心掛けて下さい。それでも寝過ぎてしまって体がだるくなってしまった方は筋肉の施術をすることで良くすることが出来ます。

東淀川区で整体なら「淡路駅前整骨院」 PAGETOP