「淡路駅前整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

本日は足に痛みが出ると言われて来院された利用者さんのお話です。歩いておられる感じを見てみると、特に痛みをかばって歩いている感じはなく普通に歩かれていました。どういった時に足に痛みが出るのかお聞きすると、部活の練習で走っている時に地面に足を付いた際に足の裏に痛みが走ったとのこと。

足の裏の痛みが何故出ているのか原因を確認するために利用者さんの足の裏を見させていただいた時、利用者さんの足の裏には土踏まずと言われる足が着地した際に地面からの衝撃を吸収し逃がしてくれるクッションの役割をする窪みがほとんど無くなり、平べったくなっていました。

問題はその足の裏の土踏まずが無くなり平べったくなっていたことです。足の裏が平べったくなっていると、地面からの衝撃を逃がせず徐々に足の裏に負担が蓄積していきます。負担の溜まった足をそのまま使い続けると足の裏の筋肉が炎症を起こし痛みが出てきます。今回の利用者さんも部活の練習などで繰り返し足の筋肉を使い続けて負担が溜まったことが痛みの原因です。ですので、まずは負担の溜まった足の裏の筋肉の緊張をしっかりと緩めていき、土踏まずを作っていくトレーニングをしてもらいました。すると、日を重ねるごとに走った時の足の裏の痛みが消えていくのを感じて喜んでおられました。

東淀川区で整体なら「淡路駅前整骨院」 PAGETOP