「淡路駅前整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

本日は足の裏が疲れやすいと仰る利用者さんが来院された時のお話しです。利用者さんの足の裏を触らせてもらいますと非常に硬くなっていたのと、足の裏に本来あるべきアーチがほとんどありませんでした。

まず足のアーチの役割としては地面に足が着地した時の衝撃を吸収し逃がす役割があります。足のアーチが無いという事は地面に足を着地させた時の衝撃を吸収できないという事です。吸収できなかった衝撃は足や膝、腰へと伝わり、繰り返しの歩行やランニング、長時間の立ちっぱなしなどで、だるさや痛みといった症状として現れます。歩いたり立ったりという動作は日常生活でせざるおえない動作なので、そのままほったらかしにしていてもなかなかだるさや痛みが取れることはありません。ですので、適切な施術とお家で出来る定期的なケアをしてあげる必要があります。

施術に関しては足の裏に付いている筋肉を指で押さえて緩めていきます。お家でのケアとしては半分に割った竹やゴルフボールなどの硬い球を踏んで刺激したり、タオルを地面に置いてそれを足の指で手繰り寄せるトレーニングをしてあげると足の裏のアーチが徐々に形成されていき、再び衝撃を吸収できるようになり足の裏の疲れを感じにくくできます。皆さんも是非気になる方は実践してみて下さい。

東淀川区で整体なら「淡路駅前整骨院」 PAGETOP