「淡路駅前整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

歳と共に衰えていくものの一つに「代謝」が挙げられますが、その理由に「筋肉量の低下」があります。私たちの身体は20代をピークに筋肉の量は1年に1%ずつ減っていくと言われています。身体というのは食べ物を消化したり呼吸したり、様々なところでカロリーを消費しています。そのうちの70%が筋肉からの消費だそうです。「食事はあまり変わらないのに最近太ってきたなぁ」という人は是非筋肉量を増やして運動をすることをおすすめします。

当院にも多くの高齢者が来院されますが、足腰が丈夫な方はお身体もお元気な方が多いように思います。しかし歳を重ねてからの筋力トレーニングは結構大変なことです。少なくとも50代から始めていきましょう。身体全体の筋肉量の6~7割は下半身にあると言われているので「つま先立ち」で歯磨きをしてみたり、エレベーターではなく「階段を使ってみる」というのも効果的です。また、枕やクッションを膝の間に挟んで6秒間「つぶす」かんじで力を入れるのも太ももの内側の筋力が強くなりO脚の悪化を防ぎます。

「食欲がなくて最近うどんやお茶漬けばかりだなぁ」という方も玉子を1つ入れるだけでも6.2gタンパク質が取れます。成人男性には1日に60g,女性は50g必要と言われています。皆さんも筋肉の元になるタンパク質を積極的に摂取していきましょう!!

東淀川区で整体なら「淡路駅前整骨院」 PAGETOP